ルーンとは、古ノルド語で「秘密」「秘かな囁き」という意味。

遥か昔
紀元前1200年より以前に生まれたといわれている、由緒ある占いです。

 

ルーン占いのルーツは
スウェーデン・ノルウェー・デンマーク・アイスランド・イギリスなどの北ヨーロッパ。

木片や石にルーン文字を刻み、占われていました。

また刀剣やアクセサリーなどに文字を刻み、おまじないとして使用されていたとか。

 

ルーンは文字そのものが「神聖」と捉えられていて、様々な意味を有しているんです。

 

 

ルーン占いで使うストーンは、それぞれ文字が刻まれています。

そしてどれを選ぶのかによって、占いの結果が分かります。

 

ルーン占い

 

ルーンで占う内容は、時間の流れと共に移り変わる心情や状況。

恋愛や相性、相手の気持ちを知りたいときにピッタリです。

ストーンから的確なアドバイスがもらえますよ!

 

 

占い方は、とっても簡単。

邪念がないように、精神統一してから行うと良いそうです。

 

ストーンを袋の中に入れ、しっかり袋を握って思いを念じます。

そして、相談内容に合わせた数の石を、いくつかテーブルの上に置きます。

石は取りだしたら、置いたままの状態から動かさないで下さい。

向きや位置も重要な意味を持ちます。

 

 

西洋のタロット、東洋の易などと同じ「卜(ぼく)術」のひとつ、ルーン占い。

「卜(ぼく)術」の説明はこちらをどうぞ

 

潜在意識を高めるパワーストーン「スモーキークォーツ」に

ルーン文字を刻んだ石を使用して占うと、あなたの本当のこころや相手の気持ちが分かるんですって。

 

 

さらには、タロットと同じように

過去・現在・未来(時間軸)

対策・原因・結果(空間軸)

で占ったり、AとBの選択と結果だったり

1年を通して四季でいつ頃が良いか(時期)や、良い方位なども教えてくれます。

 

北ヨーロッパでは、古くから現在まで親しまれているルーン。

あなたも恋愛・相性で迷ったら、北欧の神秘に触れてみてくださいね。

>ルーン占いをするならこちら